みにくいアヒルの子

「美」は世界を救う

大学生必見!人はなぜ勉強しなくてはならないのか。司馬遼太郎の名作「峠」を読んだ感想!(後編)

後編です。

 

名言集の続きでも行きますか。

 

 

 

「峠」の名言集

 

日々いつでも犬死ができる人間たろうとしている

 死を意義あらしめようとする人間は虚栄の徒である。人間は朝、夕に犬死の覚悟を新たにしつつ生きる意義のみ考えなくてはならない。

死ぬことを考えてはいけない。どうして生きているのか、いつ犬死しても構わないように生きる意味を考え、今を全力で生きろ。

私は、この言葉が一番心に刺さった。”今”を考えることにより、物事の決断が早くなったように思える。

 

 

新しい世を開くものは、新しい倫理道徳を創めねばならぬ

 そのままです。新しい世界、新しい概念を作るには根本から変えなくてはならない。

ビジネスにおいてもそうでしょう。

 

これは河合継之助が武士としての刀を捨て、洋式の新兵器を導入するときに使った言葉である。

刀を捨てるということは約300年続いた伝統を捨てるということであり、相当な殻ゴア必要であろう。

しかし、彼は長岡藩が生き延びる道を考え、300年の伝統を捨て新たな概念を生み出したのである。

 

 

何事かをするということは、結局はなにかに害を与えるということである

何かをするということは、何かに害を与えるということであり、それがわかっていないものや、何かに害を与えるという勇気のないものには善事ができるはずではない。

 

河合が武士の刀を捨てる時も、伝統に害を与えた、気付つけたということである。しかし、彼はそれをやり遂げました。長岡藩を後世に残すため、伝統という重みのあるものを傷つける勇気がありました。

 

 

人間の命なんざ、使うときに使わねば意味はない

生はことをなすための道具にすぎない

 一度しかない、人生、大切にしなければいけないけど、大事に大事にリスクをとらないことはよくないということでしょうか。

これは賛否両論ありそうですね

 

 

 

私は、彼の意見に賛成できます。

何かやってそれで死んだとしても、これが人生だったと思えるからです。

 

皆さんはどうでしょうか?

 

 

人間は自然の状態では悪であり、 馬鹿であり、臆病であり、恐怖の前では何もすることができない。

 軍隊はなぜ規律のある行動をするのでしょうか。

 

いざとなっては臆病で馬鹿で恐怖の前では何もすることができない人間に戦争では人を殺させねばなりません。規律で人間の臆病さを縛ってしまっているのです。

 

習慣化ということもこうではないでしょうか?意識的にやっているから続かなくなるのです。無意識に続ければ、「規律」となってしまえば、人間は何でもできるようになるということでは・・・。

 

難しいです。

 

 

人はその長ずるところをもって、すべての物事を解釈してはならない。必ず事を誤る。

 自分の得意なところ、知っているところだけを使って物事を判断してはならないということでしょうか。

幅広い分野の知識を持って、多方面から物事を見ればきっと新しい道が開けるはずです。

 

 

陽明学とは、事を起こしてそれが成功するか否かは第一義ではない。結果がどうかということを問わない。陽明学の第一義はその行為が美しいかどうかである。

 終わりよければすべて良しではないということでしょうか。

 

たとえ終わりが悪くても、その過程がどうなのかわかればきっと修正できるはずです。

結果に向けてどうアプローチしてくか、そのアプローチの美しさが問われています。

 

 

議論は起こった方が負けである。怒ることにより自分の敗勢を立て直そうとするというものであり、自ら敗北を宣言するようなものである。

怒りは人の論理的思考力を奪います。感情で議論をしても、何も生まれません。

 

 

いかがだったでしょうか。

陽明学の徒である河合継之助の陽明学的な考えが多かったですが、心にグサッとくるものもあったのではないでしょうか?

 

興味がある方はぜひ買ってみてくださいね。北越戦争で散った河合継之助の精神を少しでもくみ取ってあげたください。

 

 

それでは!

大学生必見!人はなぜ勉強しなければならないのか。司馬遼太郎の名作「峠」を読んだ感想!(前編)

こんにちは。いーんちょーです。

今回、アルバイト先の塾の校舎長から「ぜひとも読め!」とちょーおすすめされた司馬遼太郎の名著「峠」を読んでみました。

 

いや、すごい!!!

 

小説なのに、こんなに勉強させられる本は初めてでした。

 

ぜひとも、現役の大学生、特に大学1年生に読んでほしいです。

 

久しぶりにぞくぞくっとするような本に出合えました!

 

 

 

 

 

司馬遼太郎の名著「峠」

 

あらすじ

 

f:id:i-ncho:20181112140922j:plain

舞台となる長岡藩の長岡城。

 

舞台は江戸時代末期、長岡藩の藩士であった河合継之助が主人公である。

幕府側の半であった長岡藩ですが、河合は幕府は今後滅びるとかねてから予想していた鬼才でした。

 

そんな彼には、類稀なる学がありました。いくつかの塾に学びながら、詩文や洋楽などの単なる知識を得るための勉を一切せず、歴史や世界の動向などの物事の原理を知ろうと努めていました。

実際、陽明学に通じ、先見の目があったのです。彼は自分のことを、やがて殿様の次に偉い役職の家老になると自ら言っていました。

 

「峠」の時代背景は、明治維新前、江戸時代末期のの徳川幕府倒幕の時代です。この時代は大政奉還がおこなわれ、幕府と朝廷で内乱が起こっていました。

 

勝てば官軍、負ければ賊軍。このような言葉があるように、討幕派、幕府側の意見の折り合いはつかず、当時の世間の意見は真っ二つに完全に割れていました。

結果は、ご存知のように、大久保利通西郷隆盛が率いる官軍(討幕派)が勝利し、徳川幕府は滅びます。明治時代の幕開けとなりました。

 

この騒乱の中でで長岡藩は、官軍、そして、幕府軍のどちらにもつかず、長岡藩が生き残る方法として中立の立場にいました。今のスイスのような永世中立国の創設を考えたのです。

 

河合継之助は当時の最新式の武器を輸入し、長岡藩を徹底的に武装し中立国としての立場を築こうとしました。

しかし、長岡藩に攻め込んできた官軍(討幕派)はこの中立国としての立場を認めず、そして、長岡藩と官軍による壮絶な戦争が始まったのです。

 

これが、北越戦争という戊辰戦争で最も壮烈な戦争です。

 

この戦争の最中、流れ弾に当たった河合は命を落としました。

 

その後、河合を失った長岡藩は敗走し、官軍が全面的に勝利しました。

 

 

このような話の流れとなっています。

 

 

 

河合継之助の生きざま

 主人公の河合継之助はどのような人物なんでしょうか。

 

河井継之助 - Wikipedia

 

 

最初はフィクションなのかなと思っていましたが、、、

彼は実際に実在した人物であり、生まれも育ちも長岡藩です。家禄はわずかながら120石でしたが、河井家にはもともとお金があり、彼は江戸へ出向き勉強に明け暮れています。

彼が他の学者と1番違うところは、他の学者は知識を求めていたのに対して、彼は実学を求めていた点です。詩文や洋楽などのただの知識を嫌い、歴史や世界の動向など物事の原理を知ろうとする男でした。

 

彼は知識ばかり求める学者をバカにし、実学こそに意味があるとして、独自の考えを貫いていきます。

 

この時点ですごく勉強になりますよね。ただ知識だけを詰め込んでも、それが役に立たなければ勉強ではありません

 

このように、彼は当時の時代では少し変わった考えの持ち主でした。

 

 

 

河合継之助のためになる名言集

万物心象はわが心に帰す

彼の精通する陽明学と逆の考えに朱子学というものがある。

 

朱子学では、星、月、山、川、人間など、あらゆるものは客観的に実在すると考えている。万物が客観的な存在であるといっている

しかし、陽明学では天地万物は人間である我々がそのように見て、心に感応しているから今、目の前にあるものが存在しているというのであって、実際には存在していないという考え方だ。つまり、天地万物は主観的認識である。唯心的認識論ともいう。

 

今、私の前にあるパソコンも私がパソコンだと存在を認識しているからこそパソコンなのであって、パソコンと思わなければ、目の前にあるパソコンは存在しないということですね。

なんか、哲学チックです。

 

これに関連して河合はこうとも言っている。

人間とは生命の概念に過ぎない。

人間とは霊であり、生命が霊を所有しているというのが彼の考え方です。

 

実際、彼は「稼業は何か」と聞かれたときに、「人間という稼業だ」と答えている。

これも、万物を主観的にみている陽明学の考え方ですね。

 

 

「峠」の上巻での名言集でした。中巻、下巻につれて、物語も面白くなっていきます。

上巻では彼の根本的な考えを紹介するものが多かったです。

 

面白そうだなと思った方はぜひご購入ください!

彼の生きざまをぜひぜひ学んでください!

 

 

 

少し、ブログが長くなりそうなので、前編、後編に分けたいと思います。

では、名言集の続きは後編で!

 

それでは!!

 

 

大学生はお金が足りない?無駄金使ってんじゃねーよ。大学生の節約方法。

どうも、いーんちょーです。

僕の周りなぜか金欠が多いんですよね。

 

僕の周りで「金欠だー」とか、「今月あと~円しか残っていない」とか「貯金残高~円笑」とか言ってる人がおおいんですよ笑

 

そんな中で、僕は貯金残高は7桁を維持しています。まあ、お金を貯めることはよくないんですけどね。。。しかし、いつも僕は収入>支出を維持し続けています。

 

そんな、日本一お金が大好きな”いーんちょー”の節約方法をまとめてみました!

 

 

 

簡単にできる節約方法

飲み物どうしてる?

大学生の皆さん。授業を受ける時、飲み物どうしていますか?

授業中に机の上に飲み物を置いている人を多く見かけますが、ほとんどの人がペットボトルを置いています。

ペットボトルじゃない人なんて、僕の学科に中に数人しかいません笑。

 

毎日毎日授業にペットボトルを買って持ってくると、1本150円くらいだとして、(ドラッグストアで買えばもっと安いですが、、、)

一週間毎日買うとすると、150×5=750円。

1か月では750×4=3000円。

1か月に3000円も飲み物に消費しているんですよ。

 

これ結構大きくないですか?時給1000円として、3時間分の給料が毎月消えていっています。

 

また、よく考えてください。ペットボトル飲料って500mlで150円くらいですよね。これ、ガソリンよりも高くないですか?今は大体、レギュラーガソリンで1L 140円くらいですよ。

僕は、それを考えるようになってからペットボトル飲料を買うのを辞めました。だって、その浮いた3000円でもっとほかの面白いことができると思ったから。

それから。毎回学校には水筒を持って行っています。

 

しかし、重いですよね。500ml+水稲の重さが荷物に加わるのです。

しかし、水筒は今では軽いものが発売されています。この水筒おすすめですよ。

 


 

すごく軽くて、飲み口が滑らかで、しかも真空断熱なので飲み物の温度が変わりません。夏でも冷たいのものが飲めますよ。

 

水筒を持ち歩いて、節約しましょう!

 

 

飲み会ばっかり参加してない?

大学生の鉄板、飲み会!楽しそうですよね。

しかし、私は飲み会が嫌いです。なぜなら、時間とお金の無駄だと思っているから。

 

飲み放題コースでは2000~3000円が毎度のように飛んでいきます。それが月に2回3回とあると、それだけで結構の額のお金が飛んでいくことになりますよ。

 

私は、正確に言うとお酒は好きです。しかし、大学生の飲み会が嫌いなだけです。大学生の飲み会って参加する意味ってあるのでしょうか?

ただ酒を飲んで、つぶれて、、、のような感じしかしません。

何も生産性がないと思ってしまうのです。(飲み会好きの皆さん、ごめんなさい)

 

飲み会に関してはつべこべ言うつもりはありません。しかし、結構な額が飛んで行っているということを覚えておいてほしいです。

これで、気が変わって、考え方が変わったというのであれば、僕はうれしいです。

 

 

おしゃれはいいけど・・・

 大学生となったら、おしゃれしたいですよね。高いブランドの服を着て、自分をかっこよく、かわいく見せたいですよね。僕もそうでした!

 

しかし、いくら高いブランドの服を着たって、他の人にはわかるのでしょうか?

僕は、10000円の黒スキニーもユニクロの2980円の黒スキニーもあんまり違いが判りません笑。

だったら、安くて質の良いユニクロの方がよくないですか?

 

この服ほしい!と思ったら、いったん待ってください!

 

ユニクロやGU,H&Mなどの安価なお店で似たようなのがないか探してみてください。似たような服がきっと見つかるはずです!

 

しかし、人間、高いものの方が価値があり、きれいに見えるものです。

きっと高いブランドの方を欲しくなってしまうでしょう。

そこからは、自分の価値観の問題になります。

 

それでも高いものが欲しければ、高いものを買えばいいし、安くてもいいなら安いものを買えばいいです。

 

私は強制をしているのではなく、他に選択肢があるということを知っておいてほしいのです。ユニクロやGUなどでも同じようなものがあるということを知っておけば、どこかでその知識が役に立つかもしれません。

 

 

 

まとめ

 大学生になったら、いろんなことでお金をつかい、金欠になってしまいます。

 

この記事は、無駄なお金を使っていることがないか?ということに気付いてもらいたいブログです。決して、ペットボトルを買うことも、飲み会に参加することも、おしゃれにお金を使うことも悪くいうつもりはありません。

 

他に選択肢があるということを知ってほしい記事でした。

 

 

それでは!

 

 

 

 

カニが食べたい人必見! 分かりやすいカニ通販サイトの紹介!

こんにちは。

更新が久しぶりとなりました。

 

今回は、面白いカニサイトを見つけたので紹介したいと思います!

 

そのサイトとは・・・

 

namazuwai.com

これからカニの季節ですね。しかし、手軽にお店では食べられないしスーパーでは冷凍ものしかないですよね。

そんな時にあるのが通販です!

しかし様々な通販サイトがある中でどれを選んでいいのかわからない時がありませんか?

このサイトを見れば主要15ショップを分かりやすく比較してくれていて、それに加えて味やボリューム、そして皆さん気になるか買うまで徹底比較してくれています!

 

また、ズワイガに好きの筆者の方のおすすめの食べ方もあります!ぜひとも参考にしたいですね。

 

しかし、ズワイガニしか取り扱っていないのが少し残念です。毛ガニや松葉ガニなどほかの種類のカニについてもまとめてあればとても面白い記事だなと思いました。

 

今回は、こんな感じで終了です!ぜひとも、この通販紹介サイトを使ってこれからおいしくカニを取り寄せちゃいましょう!

 

【自転車旅】クロスバイク初心者が自転車で知多半島一周してきた話(後編) ~知多イチ~

さて、後編です。前編では野間の灯台まででした。

 

野間の灯台からです。

 

f:id:i-ncho:20180830002327p:plain

これが今回のルートです。

 

 

15:00 師崎港到着

 

f:id:i-ncho:20180831143615j:plain

ちょっとわかりにくいですが、師崎です笑。

いい感じに写真が撮れる場所がなかったー。

途中にこんな感じでいいかんじの海岸線の景色がありました。

f:id:i-ncho:20180831143736j:plain

 

そして、小さなショッピングモール的なところで休憩。

f:id:i-ncho:20180831143905j:plain

 

エアコンがうれしかったので店内で20分くらい涼んでました笑。

 

途中から、セブンイレブンのマンゴーアイスが食べたくなってきて、

「セブンはまだかー」

と主ながら走ってました。

 

16:30 セブンイレブン到着!

いやー、セブンイレブン全然ないですね。マンゴーアイス食べたいと思ってから1時間ぐらいこぎ続けました。

 

f:id:i-ncho:20180831144544j:plain

これです!俺が食べたかったの笑。やっとありつけたー。

 

これのキウイバージョンも確かおいしかった覚えが・・・。

マンゴーとパイナップルが売っていました。またの機会にパイナップルを食べたいと思います。

 

 

 

ごめんなさい、これからこぐことに必死で写真を全くとっていないです笑。

 

 

 

18:15 太田川駅到着

帰ってきました。太田川!。

終始向かい風が強くて大変でした。ちょうど6時間くらいですね。単純計算で時速16㎞くらいかなー。

今度はサイクルコンピューターとともに旅をしたいと思ったいーんちょーです。あと、ドリンクケースも欲しい・・・。

 

 

                                       

 

いかがだったでしょうか。

100㎞ライドしたことで自信になったかなーとは思います。どこでも行けることがわかったので、もう少し遠出もしてみようかと思います。

 

いやーでも大変だったけど楽しかった!自転車旅は新たな発見が多いものですね。

 

 

また、自転車旅、します!

【自転車旅】クロスバイク初心者が自転車で知多半島一周してきた話(前編) ~知多イチ~

こんにちは!名大生いーんちょーです。

さて、2018年8月29日、最高気温35℃の中自転車で知多半島一周、巷では知多イチと呼ばれているものをやってきました!

そう、サークルを辞めて自転車を買ったのです!(安いやつ笑)。

今回が初ライドでした。初ライドで知多イチってどうなんでしょうね。しかし、元陸上部の脚力を活かして、6時間程度で帰ってくることができました。(遅いのか速いのか・・・)。

それでは私の今回の旅をご覧ください!

 

 

知多半島一周の旅

 

今回のルート

f:id:i-ncho:20180830002327p:plain

太田川駅を起点、終着として、247号線を回る感じで反時計回りにルートをとりました。合計距離は100.2㎞でした(ギリギリ100㎞)。

全体的に海風がきつかったー。向かい風がすごくて全然スピード出なかった笑。

 

 

12:15 太田川駅出発

 

 予定では9:00に太田川駅を出発する予定でした。しょっぱなから寝坊しました、はい。行くかどうか迷っていたのですが、結局行きました。こんなスタートで大丈夫か?となりますね。

f:id:i-ncho:20180830111026j:plain

こちらが4万円で買ったGIANTのESCAPE R3。去年モデルということもあり、定価の20%オフで買うことができました。初心者にはちょうどいいです笑。

 

13:00 新舞子駅到着

f:id:i-ncho:20180830110653j:plain

 

45分間247号線を進んでいくと、新舞子駅に到着しました。この日

 

の最高気温は35℃。この時点で汗だらだらです。

新舞子駅を過ぎると、海が見えてきました!

f:id:i-ncho:20180830110715j:plain

 やっぱ、夏の潮風は気持ちがいいですね。

 

 

13:35 盛田味の館へ到着 

この知多イチでは知多半島では有名な盛田味の館へ向かおうと考えていました。

しかし、、、

f:id:i-ncho:20180830132640j:plain

 まさかの定休日 泣。

ここはしょうゆを使ったソフトクリームが有名なのですが、食べたかったー!

またの機会に向かうとします!

 

下にリンクを貼っておきますね。

盛田味の館 | 盛田株式会社サイト

 

 

13:45 道端に・・・

アイスを食べられず、自転車をこいでいたら・・・

f:id:i-ncho:20180830133038j:plain

カメの死体がありました。

何カメなんでしょうかね。わかる方いたら教えてください!

 

 

13:55 野間の灯台?へ

道中こんな店がありました!

f:id:i-ncho:20180830133350j:plain

f:id:i-ncho:20180830133403j:plain

野間の灯台?と思ったのですが、違うみたいですね。

この灯台ラーメン、割と有名みたいです。(もう少し調べとけばよかったー)

しかし、これもまさかの定休日。味の館に引き続き、運がありませんでした笑。

 

灯台らーめん 灯台グループ

 

 

14:20 正真正銘 野間の灯台へ

偽物?の野間の灯台を通り過ぎ、本物の野間の灯台へと着きました!

f:id:i-ncho:20180830134335j:plain

逆光で少し見えづらくなってます。今日は平日ということもあるのか、まったく人がいませんでした。

また、恋人の鐘?みたいなものもありました。

f:id:i-ncho:20180830134501j:plain

f:id:i-ncho:20180830134514j:plain

一人なので、鳴らしませんでした笑

 

 

 

 

 

とりあえず、前編はここで終わりにしようと思います。

いや、まだ半分もいってませんけど、って感じですが、師崎まで書いていたらものすごく長くなってしまうので・・・

 

 

では後編お楽しみに!

 

 

 

【大学生活】 サークルって本当に必要? 大学生は"帰宅部"であれ!

「遥かない道」の画像検索結果

皆さんこんにちは。名古屋の大学生「いーんちょー」です。しばらく更新できておらず、久しぶりの更新となってしまいました。サークルの大会が先週にあり、その練習で忙しすぎました(笑)。

さて、今回は帰宅部のススメです!見なさ、一度しかない大学生活を後悔なく過ごせていますか?こんなにも時間があるのに、飲み会であったりサークル活動で貴重な時間をつぶしたりしてはいませんか?貴重な時間を無駄にしないためにも今回の記事を読んで、自分の大学生活を振り返ってはいかがでしょうか?

 

 

 

私が帰宅部になった背景

 私は名大のある運動サークルに入っていました。このサークルは非常に忙しく夏休みは毎日朝から夕方まで活動していました。ほぼ部活みたいなものですね(笑)。この忙しい生活を過ごしている間、私は考えました。

「こんなにサークルで時間をとられていいものなのか」

いつのまにか、私の生活はサークルが中心となっていました。サークル活動をすることは楽しいのですが、私は時間がもったいないと感じるようになり、サークルをやめるという決意に至ったわけです。

 

もともと一つしかサークルは入っていなかったので、サークルをやめて完全な帰宅部となりました(笑)。しかし、まったく後悔していません。

 

 

帰宅部のメリット

自由度が半端ない

サークルが無くなることで自分の時間を多くとることができます。実際、私はこの理由でサークルをやめるに至りました。

この余った時間を使って

  • 読書をする
  • 勉強をする(英語など)
  • 趣味に時間を割く
  • アルバイトに精を出す

など、”自分の時間”を増やすことができます。

 

 これから、この”自分の時間”というものに重点を置いて進めていこう。

 

知を増やせる

 自分の時間が増えることで、サークルに所属している人よりも時間的にも金銭的にも圧倒的な優位に立てるはずだ。

サークルの活動が無くなることによる時間の優位、サークルの活動や飲み会での経費などが無くなる金銭的な優位。

この二つの優位は最強ではないだろうか?金銭面で余裕ができることにより、活動の幅が大きく広がる。サークルの飲み会費を本代に変えるだけで、他人よりも圧倒的に成長できる。また、時間的な余裕もあるため読む時間だって確保できる。

また、大学生にとって大事な要素である英語の勉強にも時間をとることができる。

 

また、時間があれば多様な考え方を持った人に触れられるチャンスが生まれる。

世界は広いものである。大学生になってこんなにも多様な考え方があるのだと筆者は驚かされました。時間があるのなら、様々な考え方を持った人に触れることことをお勧めする。

 

どうでしょう。サークルをやめることでこんなにも他人と優位になるチャンスが得られるのである。

 

 

経験値を増やせる!

 時間的にも金銭的にも余裕ができたのなら、新しいこと、やりたいと思っていたことに手を伸ばしてみてはいかがだろうか。

大学生は失敗ができる。興味を持ったことは何でもチャレンジすることで人生における経験値が上がるであろう。新しい趣味を見つけるとか、株やFXなどの投資にチャレンジしてみるとか、旅に出かけるとか、、、

大学生のうちにしかできないことがいっぱいある。時間にも恵まれ金銭面にも恵まれている大学生機関だからこそ様々なチャレンジをして経験値を増やすことが大切ではなかろうか。

 

 

自分の時間をうまく使え!

 ぐだぐだと話してきたが、結局のところ

この”自分の時間”をどう過ごすかによって帰宅部である価値が変わってくると思う。

 

アルバイトをして得たお金で様々な経験をするのもよし、本を買いあさって読書にふけるのもよし、様々な人と出会ってたような考え方に触れるのもよし、

”自分の時間”をどう過ごすかは人それぞれである。しかし、せっかく作った自分の時間を無駄なことに費やすのはもったいない。自分の価値を高めるため、空白の時間を使って自己投資をするのが最善策だと私は考える。

 

知識があり、経験豊富な人はきっと高い価値を持ち、人間的にも成長した、ある意味面白い人”になるだろう。

 

みんなもサークルやめて面白い人になろう!

 

 

 

まとめ

 知×経験=面白い人

 

この方程式がこの記事のまとめである。

 

さあ、帰宅部へレッツゴー!